住宅ローン審査と年収の関係は?

マイホームを持つことは働いている人にとって目標の一つであり、働くためのモチベーションとなりますが住宅購入時には多くの方が住宅ローンを組むことになります。
一般的には住宅ローン額はおよそ年収の7倍までが目安でそれ以上の借り入れは生活を圧迫することになります。
余裕のある額で言うと約5倍までとされています。
年収の低い方で出来るだけ高額な物件を購入したいという方は頭金は多く準備することです。
これにより住宅ローン額を抑えることが出来ます。
年収があっても頭金を多く準備出来るとローン額を抑えることが出来るので支払利子を抑えることが出来ます。

現在では銀行の預金利息は非常に低いので、ローン借入額を抑えて支払利子を抑えることが最大の貯金と言えます。
ローンの毎月の支払額も自身が賃貸する場合に支払っても良い金額に抑えることが大事です。
そうしないと実際の生活を圧迫することになります。
ボーナスや残業代と言った臨時収入は繰り上げ返済に回すといった余裕資金で考えておきます。