顔のシミどのように出来る

ある朝起きて、鏡を見てみたら、お肌にポツンとできた茶色いシミ。
シミとは、メラニン色素が皮膚に沈着した状態を言います。
シミは色素斑(しきそはん)とも言います。
健康的な皮膚なら、メラニン色素は新陳代謝により皮膚表面に押し上げられ、はがれ落ちて、新しい皮膚に生まれ変わります。
肌の細胞は一定のサイクルで生まれ変わっています。
このような過程をターンオーバーと呼びます。
新陳代謝が上手く行かないトラブルには、「加齢」があります。
年齢を重ねるにつれ、新陳代謝すなわちターンオーバーのサイクルは徐々にゆるやかになっていきます。
そして、古い肌細胞がなかなかはがれ落ちずに、肌の上にとどまるようになります。